機関誌づくりのコツ

いつも制作している機関誌、ちょっとした工夫をするだけで、素材を利用するだけで、みんなに喜んで読んでいただける、機関誌を作ることができます。
このページでは、そんな魅力的な機関誌をつくるコツをご説明させていただきます。


原稿作りのコツ
素材利用のコツ
レイアウトのコツ
見出しのコツ
ポイント1.原稿作りのコツ

機関誌の基本情報は文字。伝えたい情報をシンプルに。

機関誌・広報誌の大半は文字情報です。
文字を読んでいただくことで伝わる情報が多く、「読みやすさ」と「わかりやすさ」が重要になってきます。

イメージ1原稿作りは、5W1Hが基本となります。

  1. Who 「誰が」
  2. What 「何を」
  3. When 「いつ」
  4. Where 「どこで」
  5. Why 「なぜ」
  6. How 「どうやって」

伝えたい内容を「5W1H」にまとめて、よりシンプルに記述することが大事です。
また、文字の大きさや書体、字間・行間にも配慮することで、より読みやすくわかりやすい機関誌になることでしょう。

BACK


ポイント2.写真・イラスト素材利用のコツ

文字だけでは伝わらない事を、写真やイラストで表現。

写真やイラストを使うことで、文字ばかりの堅い印象が華やかな印象に変わります。イメージ2
また文字だけでは伝わりにくい情報も写真を掲載することで分かりやすく表現することも可能です。

写真は、四角や丸などにトリミングして入れたり、絵柄の形に切り抜いて入れるなど変化をつけることで、紙面に躍動感が出て見た目にも楽しいデザインになります。

〈ろうきん〉に関するロゴやキャラクターなどのイラスト素材を多数ご用意してあります。
ロゴ】【キャラクター】【イラスト
ご自由にお使いいただき、魅力的な機関誌作りに役立ててください。

BACK


ポイント3.レイアウト・構図のコツ

誌面を読みやすくするための手段。

レイアウトとは、読者へ明確に、そして効率よく情報を伝えるために、情報を整理して掲載することがレイアウトの役目です。
イメージ3 読んでもらいたい情報の順番付けをして、ポイントとなる情報を目立つ位置に配置、アピールすることで読みやすさ・見やすさ・わかりやすさのある表現ができるでしょう。
また、見出し、本文、写真、図表などの大きさ、位置、色、形を工夫することで、よりよい機関誌になることでしょう。

あまりに凝ったレイアウトにして、読者の理解を妨げるようでは逆効果になります。
読者を悩ませないナビゲートにすることが基本です。

BACK


ポイント4.見出し・タイトルのコツ

見出しは読まずして、見て理解できるものに。

見出しとは、内容が一目で判断できるようなキャッチコピーとなるものです。
興味を持たせ、本文を読ませるための重要な役割を担っています。
一番伝えたいことをできるだけシンプルな文として入れることが大切です。 だらだらと長い見出しではなく、一目見て読まずに内容が理解できるような、思わず内容を読みたくなるような見出しを付けることが重要です。

BACK